ワンオペ育児でも楽しみたい!

ヤッホー!初めての子育てだよ!

妊娠35週 切迫早産で入院した話

今回は切迫早産で入院した話を書きたいと思います。

 

★目次

 

はじめに

私は里帰り出産でした。

出産する病院の案内では、「34週までに里帰りを済ませ受診してください」とあったのですが、済ませなければならない仕事があったので結局帰省したのは35週0日でした。

そして次の日、出産する病院で初めての妊婦健診を受けたところ、

 

「子宮頸管が29mmしかないので、このまま入院しましょう」

 

と。

 

え、まじすか。

なーーーーんにも出産の準備してないんですけど。

パジャマとか、ちょっとだけ買い物に行ってくるのもダメですか?

あ、そう言ってでかけて生まれちゃった人が前にいたんですか、そうですか……。

 

というわけで、

車を出してくれていた母にパジャマや下着などの買い出しを頼み、大人しく病室のベッドへ収まることになったのでした。

 

切迫早産とは

早産となる危険性が高いと考えられる状態、つまり早産の一歩手前の状態のこと。

また、日本では妊娠22週0日から妊娠36週6日までの出産を早産と呼ぶ。

 

参考

早産・切迫早産|公益社団法人 日本産科婦人科学会

 

子宮頸管の長さとの関係

一般的には、2.5mmより短くなると、切迫早産と診断することが多いようです。

ただ、今回の私のように、里帰り出産の場合では、これまでの妊婦健診の経緯を把握できていないこと、そもそも里帰り出産で切迫早産になる方が多いことなどから、2.5mm以上あっても入院になることもあるんだそうです。

 

参考

【医師監修】子宮頚管が2.5cmになったら要注意!「切迫早産」 ~産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと~ - ゼクシィBaby 妊娠・出産・育児 みんなの体験記

 

入院中は

9日間の入院でしたが、そのうち7日間は点滴を刺されっぱなしでした。

最初の4日間はシャワーも浴びれず、タオルで体を拭くだけ。

とにかく安静にしてくださいとのことでした。

置いてあった名探偵コナン30巻まで読んじゃったよ。

 

費用

健康保険も適用されましたが、差額ベッド代やら食事療養費やらなにやらで75,000円でした。

医療保険入っておいて良かった……!!

f:id:nakka1kuji:20190325164247j:image

 

気をつければ良かったなーと思ったこと

①経過が順調でも無理しない

それまでの経過がすこぶる順調だったので、ちょっとくらい無理しても大丈夫だろうと思ってしまっていました。

 

②仕事はほどほどに

私しか関わっていない仕事があったので、全部引き継ぐよりはある程度終わらせてしまった方が良いと思ったんですよね。

なので、大きいお腹を抱えて電車通勤し、仕事中も外出をし、ばたばた働いてしまいました。

他の人にお願いできることはすれば良かったです。

 

③夫にもっと理解・協力してもらうべきだった

実は里帰り直前の妊婦健診で、「子宮頸管が短くなってきているから、早めに里帰りできるならその方がいいよ」と言われていたのですが、

そのことを夫に伝えてもいまいち理解していなかったように思います。

早産になったらどういうことになるのか、きちんと時間をかけて話して、できるだけ安静にさせてもらうべきでした。

 

④早めに骨盤ベルトを使えば良かった

前述の妊婦健診が終わってから慌てて骨盤ベルトを購入したのですが、それ以前から週数のわりにお腹が大きめだったので、早めに買っておけば良かったなと思いました。

産後も使うって知らなかったんだよな〜。

 

おわりに

予想外で困惑しましたが、里帰りが済んでからの入院で済んで良かったです。

もしもっと早く入院になっていたら、もしくは早産になってしまっていたら、全ての予定が立て直しになってしまうところでした。

 

妊娠中の方、ご無理なさらないでください。

それまでが順調でも、入院になる可能性はあります。

 

そして、妊娠を考えていらっしゃる方、

入院保障が手厚い医療保険に入ってください!!

私は入院で保険が下りたおかげで、かなり助かりました。

また、お金の心配がないことで安心して体を休めることができました。

 

ご参考になれば幸いです。