ワンオペ育児でも楽しみたい!

ヤッホー!初めての子育てだよ!

妊娠36週 陰部静脈瘤になった話

今回は、妊婦がなりやすいという陰部静脈瘤になった話をしようと思います。

 

★目次

 

はじめに

切迫早産の入院も終わり、処方された張り止めを飲みつつ自宅安静をしていたのですが、

いつものように会陰マッサージをしていたところ、なんとなく違和感がありました。

 

なんか、でっぱってる…?

 

赤ちゃんの出口の右側のところがこんもりしています。

特に痛みはありません。

わからないことがあればすぐ検索ウーマンの私、すぐGoogle先生に聞きました。

 

どうやら陰部静脈瘤というようです。

 

陰部静脈瘤とは

静脈瘤とは、逆流を防ぐ静脈の弁が何らかの原因で壊れる、もしくは働かなくなってしまったために、血液が逆流して滞り、静脈が瘤のように膨らんだ状態のこと。

妊婦は、子宮に腹部の静脈が圧迫されることで起こる「陰部静脈瘤」が起こりやすい。

陰部静脈瘤の症状は、太もも・膝・ふくらはぎにかけて、裏側にボコボコした血管が浮き出るほか、鈍い痛み、はれぼったさ、熱感などを感じることもある。

腹部ではなく、会陰部にできることもある。

ひどくなると炎症を起こし、腫れや痛み、熱を出すこともあるため、注意が必要。

 

参考

妊娠中に起こると怖い「陰部静脈瘤」。専門家に聞いた、早期に気づく方法(1/2) - ハピママ*

 

大きさは?

はじめは少し腫れてるかな〜?程度だったのですが、日が経つごとに大きくなり、出産間際最には卓球のボールくらいになりました。

しかもはじめは右だけだったのに、最終的には左も腫れてしまい、違和感がすごかったです。

 

痛みは?

幸いなことに痛みはありませんでした。

 

妊婦健診で聞いてみたら

 

👨‍⚕️「たまにあるんだよね。産んだら治るよ〜」

 

Oh……

 

経過は?

 

産んだら治りました。

 

私は吸引分娩で会陰からお尻までズタズタになってしまったので、産後はその傷の腫れの方が気になったというのもありますが、

静脈瘤のときにあった内側から腫れぼったい感じはなくなっていたように思います。

 

おわりに

今思えば妊娠中期から、同じ姿勢をとっていると右足が痺れることがよくありました

この痺れについても健診のときに聞いてみたんですが、「むくみも酷くないし、様子見で良いと思います」と言われてしまったんでした。

このときから同じ姿勢を長時間しないとか、ウォーキングをするとか気をつけていたら良かったかな、とも思ったのですが、

結局切迫早産で入院してしまったから運動のし過ぎも良くなかったと思うし、

赤ちゃんも大きめだったし、

なんというか、

気をつけようにもなるときはなる

という感想です。

 

この件で一番悔しかったのは思い切り会陰マッサージができなかったことです。

(外側にオイル塗るだけに留めました……)