ワンオペ育児でも楽しみたい!

ヤッホー!初めての子育てだよ!

電動アシスト自転車を長持ちさせるためにするべきこと

自転車屋さんのお兄さんに教わったことがまだあるので、引き続き電動アシスト自転車について書いていきたいと思います。

 

前回の記事はこちら

子供乗せ電動アシスト自転車あれこれ ブリヂストンビッケポーラー 3ヶ月乗ってみての口コミ - ワンオペ育児でも楽しみたい!

 

 

電動アシスト自転車を長持ちさせるためにやるべきこと7選

(お役立ちブログっぽいタイトルだ)

 

もくじ!

 

バッテリーは10%以下になったら充電する

バッテリーの寿命は、充電された電力の総量ではなく、充電回数で決まります。

スマホなども同じなんだそう😳)

なので、バッテリーを長持ちさせるには、残りが10%以下になってから充電するのがおススメ。

ただ、0%のまま放っておくのも良くないそうです。

 

3、4日乗らない時はバッテリーを外しておく

バッテリーを本体に付けたままにしておくと、放電といって、電力が少しずつ減ってしまう現象が起きるそうです。

なので、3、4日乗らないときはバッテリーを本体から外しましょう。

 

ギアを重いまま発進しない

ペダルの重さを変えられるギアですが、1番重いまま発進をすると、タイヤに負担がかかるそうです。

なので、走り出しは軽めにしましょう。

 

アシストをパワーのままにしない

ギアと同じく、アシストのレベルも高いまま発進すると方々に負担がかかるそうです。

お兄さんは、負荷によって自動でアシストレベルを変えてくれるモード(ビッケポーラーeではオートマティックモード)がおすすめと言ってました。

 

1年に一度メンテナンスを受ける

1年に一度メンテナンスを受けましょう〜!

購入店によっては、このメンテナンスを条件に自転車保険に無料で入れたりします。

 

ひと月に一度タイヤの空気を入れる

なんか揺れるなーと思ったら空気ないことあるあるです。

毎月日付決めて空気入れるのがおススメです。

 

コントローラーにカバーをつける

盲点なのがこれ!

コントローラー、ハンドルから出っ張ってついている上に軽いプラスチックでできているので、

倒れてしまったり、塀や建物にぶつかったりした拍子に壊してしまう方がとても多いそうです。

専用カバー1,000円くらいでした。みんなつけよ。

 

もっとあるかもだけど、思い出せるのは以上です!

大事に乗って、良い電動自転車ライフを!

(お役立ちブログっぽいシメ!)